clusterのある生活

clusterのある生活

メタバースプラットフォーム「cluster」は、スマホ、パソコン、VR機器から入れるバーチャル仮想空間だ。
仮想空間に自分のアバターを持ち込んで仕事や作業をする人もいれば、自由に遊ぶこともできる。
技術はいるが仮想空間そのものを制作し他の人に遊んでもらうことができる。
ぜひとも一度体験してもらいたい
メタバースプラットフォーム cluster(クラスター)

メタバースとは

メタバースとは

メタバース (: Metaverse) は、コンピュータコンピュータネットワークの中に構築された現実世界とは異なる3次元の仮想空間やそのサービスのことを指す[1]。日本における意味合いにおいては、基本的にバーチャル空間の一種で企業やVR(ヴァーチャルリアリティ)を活用し2021年以降、新たに参入した人間達が集まっている商業的な空間の事が主にそう呼ばれる。将来的にインターネット環境が到達するであろうコンセプトで、利用者はオンライン上に構築された3DCGの仮想空間に世界中から思い思いのアバターと呼ばれる自分の分身で参加し、相互にコミュニケートしながら買い物やサービス内での商品の制作・販売といった経済活動を行なったり、そこをもう一つの「現実」として新たな生活を送ったりすることが想定されている[2]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

次に私がよく使っているプラットフォームを紹介したいと思います。

VR機器について その2

VR機器について その2

前回に引き続きVR機器について書こうと思う。

今回はOculus Questについて書いていこうと思う。

ただしこちらは自分では持っていないので、ホームページを参考に記載する。

Oculus Quest 2は私がよく使っているプラットフォームでも専用アプリが出たこともあり非常に人気になっている。

また無線対応で値段が安いことも人気の理由だろう。

ただしWIFIが強くないと結構容量が重いVR空間などには入りづらい点があるようだ。

またバッテリー式なので使用できる時間が決まっており、アプリも機器によってギガ数が決まっているので上限があるだろう。

しかし、値段も安いしVRを体験してみたい入門向けにはいい商品だと思う。

ぜひとも一度VR機器に触れてみてほしい

VR機器について その1

VR機器について その1

今回と次回に分けてVR機器について書いていこうと思う。

私がよく使っているプラットフォームではVIVEとOculusが使用されている。

今回は私も持っているVIVEについて紹介しようと思う。

私が持っているのはVIVE社のVIVE PROです。

こちらの商品は有線でPCに接続するタイプで単体ではVR空間を体験はできません。

また高額であるためなかなか手が出ない人も多いかもしれません。

ですが値段だけの価値はあってVR空間に没入感が強く、まるで世界に入り込んでる感覚が強く持てます。

PCにつないでることもありグラフィックもきれいで一度体験するとはまってしまうかもしれません。

はじめまして

初めまして

これからメタバース、VR、アフィリエイトなどについて書いていきたいと思います!

よろしくお願いします。

これからのネットライフを皆様と楽しんでいけたらいいと思っています。

有益な情報を提供できるかはわかりませんが、定期的に更新していけるように努力します。

今後ともよろしくお願いいたします。